ピンクリボン活動

【ジャックまま】ピンクリボン活動

ピンクリボンの取り組みについて

5年以内に全国でバストアップジャックママは、積極的にピンクリボン活動を応援します。講習会を通して、マンモグラフィ搭載の電車を会場に配備し、乳ガンや子宮ガンの検診の啓発をしていきたいと思っています。

乳がんに関して、女性であれば、誰でも1度は不安に感じた事があるのではないでしょうか?
ジャックままのバストアップ術は、直接バストに触れるので、
しっかりとした知識を身に付ければ、セルフチェックが可能になります。
勿論、より確実なのは病院での検診を行って頂く事ですが、
セルフチェックを身に付けておけば、早期発見につながり、
それが皆様の命を救う術にもなると、私たちは考えています。

セルフチェックの方法・情報を提供しています

サロンメニュー、スクールメニュー、また、定期的に行っている講習会などで、
セルフチェックの方法、乳がんに関する情報を
皆様にお伝えしております。

ページのトップへ戻る

女性が自分で自分を守る為に。

日本では、乳がんにかかる女性は年々増えており、
今では年間約4万人の女性がかかると推定されています。
割合で言うと20人に一人の女性が乳がんになります。

また若い年代の乳がん死亡率が年々上昇しています。
20代でかかる方は少ないとはいえ、
余命1カ月の花嫁の方のように短い一生を終えられる方も残念ながら増えています。

ままの周りでも、ままと同じぐらいの子供を遺して亡くなった人もいます。
乳がんの手術をしたお友達もいます。

ままの前職は、複数の生命保険を扱うコンサルタント。
そのため、がん保険を売る以上、乳がんという病気や最新の治療法を勉強しました。

そんな中で、いかに若い方が自分はがんにならない、
なるわけがないと考えている現状を目の当たりにしてきました。

そんな頃、MIXIのコミュ二ティを立ち上げました。
綺麗にそして強く逞しく★☆★〜
ままが理想とする女性像・・・

女性が自分で自分を守るために
ままの勉強した知識を美肌&バストメイク講習会にのせて、
ピンクリボン運動の一環としてみなさんにお伝えし始めました。

ページのトップへ戻る

=セルフチェックが早期発見につながります。

ジャックままの、お風呂でするセルフケアは乳がんの触診になります。
毎日、バストケアをしていればしこりに気づくと思います。
また、今は乳がんでもお金を保険とかで用意していれば、
おっぱいを切らなくていい治療法もいくつかあります。

右記イメージのように、出来やすい箇所なども解りますので、
このような基本知識も出来る限りお伝えしたいと考えています。

これは、高度先進医療といったものですが、
この治療法も知らない人の方が多いのではないかと思います。

せっかく、大きくしようと頑張ったおっぱいをなくさないために、
ままの講習会に来ていただいた方達にピンクリボン運動を行っています。

若くても、乳がんや子宮がんになるから早期発見、早期治療を
みんなで声掛けながらしていくという輪が広がるといいなと思います。

ジャックまま 戸瀬恭子

ページのトップへ戻る

お問い合わせはこちらから

メールのお問い合わせ